26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節。

長友佑都が所属しているガラタサライはホームでクルブ・ブルッヘと対戦し、1-1の引き分けという結果となった。

衝撃の場面が発生したのは試合終了間際。ガラタサライが1点リードして迎えたアディショナルタイム2分、同点ゴールを決めたクレパン・ディアッタがユニフォームを脱いでしまう。

さらに、その隣に走ってきたクリントン・マタが勢いよくコーナーフラッグにキック!

驚くことにこの両者はすでにイエローカードをもらっており、この行為によってディアッタ、マタがほぼ同時に退場することになったのだ。

この試合はほぼ時間がなかったとはいえ、まだ第6節が残っているにもかかわらず…全くの無駄なレッドカードになってしまった。

今回の結果により両者は2位以内の可能性を失っており、次の試合でヨーロッパリーグ出場権を争うこととなる。