スペイン代表監督を務めていたルイス・エンリケ氏が娘の病気のために休養することとなり、その後を任されたのはアシスタントを務めていたロベルト・モレノ氏だった。

チームを無事にEURO2020に出場させることに成功したロベルト・モレノ氏であるが、なんと先日ルイス・エンリケ氏の復帰とともにスタッフからも外されてしまったのだ。

その理由をルイス・エンリケ氏は「彼はEURO2020を指揮したい意思があり、不誠実である」と会見で話した。

しかし『BBC』によれば、ロベルト・モレノ氏は記者会見でルイス・エンリケ氏の言葉にショックを受けたと明かしたという。

ロベルト・モレノ

「ルイス・エンリケとともにいられない理由がわからない。

彼は私を見苦しい言葉でラベリングした。根拠のない言葉でだ。

ルイス・エンリケとの最初の会談で、彼は『よくやった』『誇りに思うと言わなければならない』と言った。

そして、私は彼にハグを与え、サポートすると話した。それは彼に言うべきものだと思えた。以前にも言った通り、私は彼が戻るつもりならば脇に避けようとした。

すると、彼は『それは完璧であるように見えるが、君のことはもはや求めていない』と言った。

私はショックだった。スタッフには『何を間違ったのかわからない』と話した」

なお、『Antena3』によればロベルト・モレノ氏は今後「ヘッドコーチとしてのキャリアを続けていく」とのことで、率いるチームを探す予定だそう。