鎌田大地に2ゴールを浴びた後、ついにウナイ・エメリ監督を解任したアーセナル。

だが、その後の2試合でも勝つことができず、これで9試合勝利なしとなってしまった。

1-2で敗れたブライトン戦では、終盤にピエール・オーバメヤングがピッチ上から突然姿を消す出来事も。急遽トイレに駆け込んだ後、ピッチに戻ってきた際の様子がこちら。

オーバメヤングは1点を追う終盤に5分ほどピッチ上からいなくなったとか。

フレドリック・ユングベリ暫定監督は「自分はちゃんと見ていないけれど、彼は抜け出した後に2,3分で戻ってきた」としつつ、気分が悪い時は仕方がないと述べていた。

週末、アーセナルは敵地でウェストハムと対戦する。