31日にレアル・マドリーとのアウディ・カップを戦うトッテナム・ホットスパー。この数年で最も成長したクラブの一つに数えられる存在だ。

それを支える要素の一つが賢い補強。やや厚みが足りなくなるときはあるにせよ、必要な時に必要なことだけをして的確に戦力とインフラを強めてきた。

その中で、最も「お買い得」だった選手たちとは?投資を安く抑えられた11名の選手をベストイレブンで組んでみたぞ。

GK:ウーゴ・ロリス

移籍金:1100万ポンド(およそ16億円)

トッテナムを次のレベルに高めた選手の一人ロリス。時にエラーも起こすものの、彼の能力はプレミアリーグでも屈指のもの。移籍の噂もあったが、彼が退団していたら代わりを調達するのに3倍の資金は必要だっただろう。

CB:ヤン・ヴェルトンゲン

移籍金:1200万ポンド(およそ17.5億円)

アヤックスで活躍したベルギー人DFは2012年にトッテナムへやってきた。すでにイングランドでのプレーは250試合を超えており、ポチェッティーノ監督の下で不可欠なメンバーとなっている。いつかレジェンドとして送り出されるだろう。