このところ卓越したパフォーマンスを見せているマーカス・ラッシュフォード。マンチェスター・ユナイテッドの絶対的なエースに成長したといえる。

先日のシティ戦で見せた絶妙な浮き球シュートがこれ。強く打つだけではない技術とアイデアを見せた。

『The SUN』によれば、監督を務めているオレ・グンナー・スールシャール氏は以下のように話したとのことだ。

オレ・グンナー・スールシャール

「二人(ラッシュフォードとクリスティアーノ・ロナウド)を比較するのはとても簡単なことさ。

スキル、体型、態度、そして特質。全てだ。彼は世界のトッププレーヤーになるためのあらゆるチャンスを備えている。

彼がこのように続けていけることを願おう」

「彼のゴールの数について話したくはない。前向きに、素直に、ゴールの前に入ってチャンスを得ることを考え続ける限り、得点を決めていくだろう。

このところ11試合の出場で10ゴールを決めているラッシュフォード。モウリーニョ体制ではサイドが主戦場だったが、ストライカーに固定されて才能が一気に開花したようだ。そこもまるでロナウドのようである。