2016年末に起きたシャペコエンセの墜落事故。元Jリーガーを含め71名が亡くなり、生存したのは6人だけだった。

そのうちのひとりであるDFアラン・ルシェウは10月に復帰後初の1部リーグでのゴールを記録。そのシーンがこちら。

見事なダイレクトシュートだ!

ただ、もうひとりの生存者であるDFのエーリオ・ネトは現役引退を決めたと『Globo』が伝えている。

34歳のネトは事故から2年経った今年3月に練習を再開。プレー復帰を目指していたが、医師とともに引退という決断を下した。

エーリオ・ネト

「終わらせる。

試合でさよならを言いたかったけれど、そうしないことを選んだ。

(ホーム最終戦の)CSA戦で最後の数分プレーするために招かれた。だが、自分はそうしないことを選んだ。

もちろん、ファンへの愛情はあるし、(出場していれば?)ファンに対するギフトになっただろう。

でも、この人生がギフトだ。

ピッチ上に1分でも10分でも立つという大きな目標があった。

自分の体はもはやそれができない。

喜びよりも痛みのほうが大きかった。ドクターと話したし、すぐにクラブから公式発表されるだろう。

日常生活では痛みがないように思えても、ハイレベルの練習では体が膝と背中の痛みに耐えられない。

それが私を最も悲しませたものであり、それによってピッチ上から去ることになった」

チームは今後もネトにクラブにいて欲しいと考えており、彼自身もシャペコに留まる考えだそう。