2019年度のバロンドールを授与され、自身6度目の栄冠に輝いたバルセロナFWリオネル・メッシ。

彼のバルサでの初ゴールをアシストしたのは当時の10番ロナウジーニョだ。メッシが得点直後にロナウジーニョに抱きついた思い出のシーンがこれ。

ロナウジーニョの神パスからメッシの極上シュート!これが初ゴールとはまさに伝説…。

ブラジル人とアルゼンチン人という間柄ながら非常に仲睦ましい関係だった2人。ただ、ロナウジーニョはメッシが史上最高のサッカー選手だとは思っていないようだ。『Marca』によれば、こう語ったそう。

ロナウジーニョ

「メッシが史上最高だとは言えない。でも、彼の時代では彼が最高だよ。

(バロンドール受賞について)彼のことが嬉しい、友人だからね。それに、彼はバルセロナの基準点にもなっている。

比較するのは好きじゃない。史上最高が誰なのかを決めるのは難しいからね。ディエゴ・マラドーナもペレもロナウドもいる」

史上最高とは言い切れないとしつつ、同世代ではメッシがNo.1だと語っていたようだ。