かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍を見せた「帝王」エリック・カントナ。若くして現役を引退し、俳優に転身したことでも衝撃を与えた。

このマンチェスター・ユナイテッドがまとめた映像を見ても、どれだけ創造性溢れた選手だったかがわかる…。

『The SUN』によれば、彼は今のマンチェスター・ユナイテッドについて以下のように話したとのことだ。

エリック・カントナ

「マンチェスター・ユナイテッドは、私の心の特別な場所を占めている。

しかし、今のユナイテッドのプレーを見ていると、老人のセックスのような感じを受ける。

できるだけ激しくやろうとしているが、結局のところはすこし残念なものになる」

「老人のセックスというのは自分のことを言ったわけではないよ。それはただの比喩さ。なぜなら私は…」

頑張っていることはわかるが、それがどうも結果につながらない…という意味であるようだ。

ただ最後には「彼らは世界最大のクラブだ。かならず戻ってくるはずだ」と付け加え、愛するユナイテッドへの希望を明かしたそう。