今冬のマーケットでレッドブル・ザルツブルクからリヴァプールに移籍することが決まった南野拓実。

世界最高レベルのクラブに突然ステップアップすることが決まったわけだが、チャンピオンズリーグで対戦したこともあってリヴァプールのファンからは大きな期待を受けているようだ。

そして『Liverpool Echo』によれば、先日のレスター・シティ戦を応援したサポーターが帰宅する際、南野拓実の応援歌を歌っていたという。

原曲はABBAの「マンマ・ミーア!」だ。

「Minamino, here we go again. Why why, Salzburg shouldn't have let you go.」と安すぎる移籍金をそこそこ皮肉った感じに…。

誰もが知っている懐メロにシンプルでユニークな歌詞を載せてくるところがなんともイングランドっぽい。

なお、南野拓実のデビューは年明けのFAカップ、エヴァートンとのマージーサイドダービーだと言われている。