アトレティコを下してスーペルコパ優勝を遂げたレアル・マドリー。

決勝戦のMan of the Matchに選ばれたのは、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデだった。21歳の新星は延長戦での決死タックルで一発レッドカードを提示されたが、素晴らしいプレーも見せていた。

ジダン監督も「彼は素晴らしかった。MVPに値する」と賞賛しており、その活躍ぶりはチームメイトたちも認めていたようだ。

先輩マルセロがバルベルデにやっていた脱帽キックがこれ!

後輩を後方から蹴ったマルセロだが、文字通り脱帽!

拍手までしており、後輩の貢献を讃えていた。