この冬にリヴァプールに加入した日本代表FW南野拓実。

ここまで3試合に出場しているものの、まだ得点はない。ただ、あとわずかというこんな惜しいシーンもあった。

クロップ監督も思わずこのリアクション!

その南野がクラブ公式のインタビューで現状について語った。

南野拓実(リヴァプールFW)

「リヴァプールはトップクラスのチームだ。

練習でさえ非常にハイクオリティだし、試合では負ける気がしない。

でも、このチームの回復力については、加入する前よりもはるかに強く感じているよ。

この街とチームに慣れていっている。この瞬間を楽しんでいるし、今後もそれを続けていきたいね。

イングリッシュフットボールの特性は、非常にインテンシティが高く、フィジカル的に非常にタフ。

それは予想していたことなので、できるだけ速く適応しなければいけない。それから、このスタイルでプレーし始めなければならない」

「(引き分けに終わった3部とのFAカップに触れつつ、)自分はよりアグレッシブになる必要がある。

僕は攻撃的選手であり、常にシュートとゴールに向かうという姿勢を示さなければいけない。

そういうことさ。自分はそうすべきだった」

「僕たちは次の試合に100%集中している。次の勝点3を獲るために常に100%で準備をしている。

誰もまだ優勝については話していないと思う。

(週末のサウサンプトン戦は)間違いなくタフな試合になるだろう。

最近の試合でサウサンプトンがよくなっていることは知っている。

なので、僕らはいつも通りに準備して、100%でプレーしなければいけない」

チームの質だけでなく回復力にも驚かされたようだ。そのうえで、ピッチ上ではよりアグレッシブにゴールに向かう必要があるとも感じている模様。

セインツ戦では先発予想もあるだけに期待したい。