UEFAヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦で姿を消すことになったアーセナル。

延長戦でピエール・オーバメヤングが得点を奪ったものの、終了寸前の痛恨失点で万事休すとなった。アディショナルタイムにはオーバメヤングにこんな大チャンスがあったのだが…。

オーバメヤング

なんてこった…。

ヒーローから一転して戦犯のようになってしまったオーバメヤングは目に涙を浮かべていたようにも見える。『BT Sport』によれば、敗戦後のインタビューでこう述べていたそう。

ピエール・オーバメヤング(アーセナルFW)

「とても失望している。何て言えばいい?とても辛い。

今回もタフな試合だった。最後の失点はアンラッキーだった、そういうことだ。

(ミスについて)自分でも分からない。とてもとても気分が悪い。

ああいうことが起きる。どうやってあのチャンスをミスしたのか分からない。

疲れていて、痙攣もあってけれど、言い訳にならない。

あのゴールを決めなくてはいけない。あってはならない」

疲労はあったものの、自分でもミスした理由が分からないとうなだれていたようだ。