27日に行われたUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32の2ndレグ、アーセナルとオリンピアコスの試合は熾烈な展開になった。

アーセナルが1stレグで1-0と勝利し、アウェイゴールを1つ奪ったなかで迎えたリターンマッチ。

逆転を狙うオリンピアコスがセットプレーから同点に追いつき、アグリゲートスコア1-1で延長戦へと持ち込まれた。

そして113分、次のゴールを決めたのはホームのアーセナル。右サイドからのクロスをニアでマルティネッリが触り、高く浮いたところを…。

オーバメヤングが完璧なバイシクルシュート!なんと美しい…。

これが決まったことでアーセナルがリードを奪い、ベスト16進出まであと7分あまりとなる。

だがこのあとCKの流れからオリンピアコスのユースフ・アル・アラビがアウェイゴールを奪い…残り3分で逆転されてしまった。

ミケル・アルテタ監督が今季途中に就任したアーセナル。ヨーロッパリーグは敗退することになったが、その分プレミアリーグでトップ4に入るという目標に集中できるかもしれない。