今季チェルシーからレアル・マドリーに加入したエデン・アザール。先日右足の手術を受けることが決まり、アメリカへと渡っていた。

テキサス州ダラスにあるカレル・クリニックで名医ユージン・カレー氏によって、足首のチタン板を新しいものに交換したとのこと。

アザールは今季レアル・マドリーの要望で保存的治療を行っていたものの、状態がなかなか回復せず。このタイミングでシーズン絶望となるリスクを背負いながらメスを入れることにした。

復帰まではおよそ2~3ヶ月を要するという彼であるが、手術の前日にはなんとあのバスケットボールのスターと会っていた!

これはダラス・マーベリックスに所属するルカ・ドンチッチ!

2018年までレアル・マドリーのバスケットボールチームでプレーしていたスロベニア出身の21歳。身長は201cmだと言われている。

アザールとの身長差はおよそ30センチ強だが、アングルのせいかやたらと強調されているような…。