レアル・マドリーはラ・リーガ第25節でレバンテに1-0で敗れ、首位陥落となった。

格下相手に何度もあったチャンスを逃すと終盤に痛い一発を浴びた。エデン・アザールにもこんな決定機があったのだが…(以下動画50秒~)。

マルセロの素晴らしいパスに完全フリーで抜け出すも、ファーストタッチに失敗。どうにかシュートに持ち込むも、フィニッシュは空振り…。

レアルはこの後にホセ・ルイス・モラレスに強烈な一撃を叩き込まれた(動画1分16秒~)。

アザールは後半22分に負傷交代。ジダン監督は「彼は痛みがある。明日様子を見て、さらなる検査をする」と述べ、セルヒオ・ラモスは「アザールの怪我は悪いニュース」とコメントしていた。今後はCLマンチェスター・シティ戦、バルセロナとのエル・クラシコが控えているだけに気がかりだ。