マジョルカの久保建英が決勝ゴールを決めたラ・リーガ第27節エイバル戦。

久保がベンチに下がった後の後半アディショナルタイムには両チーム入り乱れての乱闘が勃発していた。その大荒れシーンがこれ!

ボールを巡って大荒れ…!

これはエイバルが後半アディショナルタイムに1点を返した直後の場面。エイバル側はすぐに試合を再開させるためのボールを獲りにいったところ、マジョルカGKマノロ・レイナがボールを離さなかったことで乱闘沙汰に。なお、レイナとエイバルの2選手にイエローカードが提示されている。

今季アウェイでの初勝利を手にしたマジョルカのビセンテ・モレノ監督は「彼がやった最高の守備的な試合ではないが、一貫性があった。美しいゴールも決めた」と久保を讃えていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら