ハダーズフィールド・タウンのユースで育成された25歳のサッカー選手が死去する事件が発生した。

『The SUN』によれば、亡くなったのはジョーダン・シノットというブラッドフォード出身のMF。

ハダーズフィールド・タウンでは2試合出場したのみであるが、アルトリンチャムやハリファックス・タウン、チェスターフィールドなど下部リーグのクラブで活躍。その時代に撮影されたインタビューも。

2018年からはアルフレトン・タウンに所属し、今季はマトロック・タウンにローン移籍していた。

彼が死亡したのは1月25日。

パブの駐車場において大規模な乱闘事件が発生し、警察が駆けつけたところジョーダン・シノットが意識を失った状態で発見されたとのこと。

シノットはそのままシェフィールドの病院に運ばれたものの、頭蓋骨骨折による影響で25日19:00頃に死亡が確認された。

この事件に関連して、21歳と27歳の男性が逮捕されていると伝えられている。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら