新型コロナウイルスの影響で4月3日までリーグ戦が中断されることになったプレミアリーグ。

これからが佳境というタイミングだっただけに、戸惑っている関係者は多いはず。選手たちのフィットネスがどうなってしまうのかも気がかりだ。

チームが活動停止となるなか、SNS上で様々な試みを行うクラブも。サウサンプトンはマンチェスター・シティと「まるばつゲーム(三目並べ)」をエンジョイ!

当初セインツはノリッジを誘っていたのだが反応なし。そこでシティが手を上げてくれた形。

また、英2部のハル・シティはドイツのレヴァークーゼンと四目並べでワイワイ。

そして、ワトフォードは延期されたレスター戦をなんとゲームでシミュレート!その様子がこれだ。

『FootballManager』でやってみたところ、ワトフォードは退場者を出して敗れるという結果に…(退場シーンは動画23秒~)。負けた結果をそのままポストしちゃうとは。

また、スペイン1部のレガネスも延期されたバジャドリー戦を完全エア実況。ガチすぎる手の込みようが話題になっている。