ブラジルのボタフォゴに移籍した本田圭佑がついに新天地デビューを果たした。

リオデジャネイロ州選手権のバング戦に先発すると、いきなり初ゴールもマーク。

『ESPN』は「ゴールスコアラー、マエストロ」、『Globo』でも「可能な限りでいいパフォーマンスを見せた」と讃えていた。

その本田がデビュー戦で見せたスルーパス(以下動画1秒~)とサイドへの展開(動画36秒~)がこれ!

フィジカルを見せつけた後に前線にロングパスを供給!PKを沈めたシーンを含めて貫禄を感じさせる。

ただ、相手は4部チームということもあり、守備が緩かったのも事実。

なお、この試合は新型コロナウイルスの影響で無観客のなか行われたが、今後は週選手権が停止される可能性もある。