新型コロナウイルスの蔓延により、各国でサッカーの開催が中断されている。

ここでは主な各国リーグが現在置かれている状況と、現時点での再開予定を見ていこう(随時更新予定)。

Jリーグ(日本)
再開予定:白紙

今季のJリーグは2月21日に開幕したものの直後に中断が決定。当初は3月15日以降の再開を目指していたが3月12日、4月3日まで中断を延期すると発表した。

また3月19日、今季は全カテゴリーで「昇格あり」「降格なし」の特例ルールを適用すると発表している。3月25日、4月3日の再開は5月9日まで延期に。4月3日、再開は白紙となった。

プレミアリーグ(イングランド)
再開予定:4月30日以降

主な日本人:武藤嘉紀(ニューカッスル)

イングランドは3月13日、4月4日までの中断を発表。しかし3月19日、中断を4月30日まで延期することが発表された。

ラ・リーガ(スペイン)
再開予定:未定

主な日本人:久保建英(マジョルカ)

スペインは3月14日に政府が非常事態宣言を出し、国内リーグの中断が決定。4月上旬の再開を目指していたが、プレミアリーグの発表を受け、同じく4月下旬まで延期される見通しとなっている。

セリエA(イタリア)
再開予定:5月2日?

主な日本人:冨安健洋(ボローニャ)

ウイルスの被害が深刻なイタリアでは、政府の発令により3月9日から4月3日まで全てのサッカー開催が中止に。サッカー連盟の会長は、5月2日にリーグ戦を再開したい希望を明かしている。

ブンデスリーガ(ドイツ)
再開予定:4月30日以降

主な日本人:鎌田大地(フランクフルト)

3月13日、ブンデスリーガは1部・2部の全試合延期を発表。当初は4月2日まで中断とされていたが、3月25日に4月30日まで見送られることが報告された。

その後、5月9日の再開を希望しているとも。現地では「無観客でも2020年はサッカーの再開は厳しい」という見解もある。

リーグアン(フランス)
再開予定:4月11日以降

主な日本人:酒井宏樹(マルセイユ)

3月12日に中断が決定。4月11日に行われる第32節で再開を目指している。

ポルトガル
再開予定:4月3日以降

主な日本人:中島翔哉(ポルト)

3月12日に中断が決定。

ベルギー
再開予定:終了?

主な日本人:伊東純也(ヘンク)

リーグ中断後、4月3日まで延期。4月2日、リーグの打ち切りが発表されたがその後UEFAの反対により判断を保留している。

中国スーパーリーグ(中国)
再開予定:4月18日?

今季は2月22日に開幕予定だったが、自国でのウイルス拡散により延期。『Daily Mail』によれば、中国サッカー協会は4月18日にリーグを開幕させる見込みであると伝えられている。

Kリーグ(韓国)
再開予定:未定

2月29日、3月1日に開幕予定だった全試合の延期を発表した。

ブラジル
再開予定:未定

主な日本人:本田圭佑(ボタフォゴ)

現在は州選手権の時期だが、3月16日、CBF(ブラジルサッカー連盟)は国内全ての大会を中断すると発表。再開時期は各州によって異なるが、本田圭佑が所属するボタフォゴのリオデジャネイロは15日後の再開を目指している。

アルゼンチン
再開予定:未定

全カテゴリーで3月31日までの延期が決定。

メジャーリーグサッカー(アメリカ)
再開予定:5月10日以降

今季のMLSは3月1日に開幕。しかし3月12日にリーグ戦を30日間中断することを発表され、さらに同19日、5月10日まで延期することを発表した。

UEFAチャンピオンズリーグ/ヨーロッパリーグ

3月より中断中。再開時期は未定。

コパ・リベルタドーレス

コパ・スダメリカーナとともに中断。3月18日、南米サッカー連盟は現時点において5月5日まで再開が延期されることを明らかにしている。

AFCチャンピオンズリーグ

中断中。再開時期は未定。

代表戦

3月に行われる予定だったワールドカップ予選など各試合が中止に。また、EURO2020、コパ・アメリカ2020が来年に延期されることも発表されている。