世界中の経済活動に大きなダメージを与えている新型コロナウイルス。ドイツではサッカー選手たちによる支援が拡がっている。

ドルトムントの主将マルコ・ロイスは妻スカーレットさんとともにドルトムント地区にある中小企業に50万ユーロ(5995万円)を寄付すると発表。

「中小企業に大きな問題が起きている。その情熱的な仕事ぶりにもかかわらず、顧客なしでは数週間を生き抜くための準備金を積み立てられない。だが、彼らのような存在がその街をユニークなものにしている。僕らは助けたい」とのメッセージを送っている。

ロイスの美しすぎる妻スカーレットさんはこんな方だ。

まさに美人といった感じ…。

また、地元のライバルであるシャルケもクラブスタッフを支援するために選手たちは給与を一時的に削減することを決めたという。

さらに、ドイツの隣国であるポーランドでは、サッカー協会が1部を含めた各リーグに総額で1.16億ズウォティ(30億円)を支援するとのこと。