かつてパルマやニューカッスルでプレーしたことで知られる元コロンビア代表FWファウスティーノ・アスプリージャ。

2度のワールドカップにも出場した名ストライカーの彼は、その豊かなスピードと技術、そして奔放なプレーで高い人気を誇った。

ニューカッスルは2015年にこんなスーパープレーの映像もまとめていた。今見ても魅力的だ…。

2004年を最後に彼は所属クラブを失い、2008年には機関銃を発砲したとして逮捕。次年度に現役引退を表明し、2016年からは自らのブランドコンドーム「Tino」を生産するビジネスを始めていた。

現在世界的に新型コロナウイルスが蔓延していることにより、国家間の移動が制限されている。

世界で消費されるコンドームの5分の1はマレーシアで生産されているものの、そのラインが止まってしまった。それはおよそ1億個のコンドームが不足することを意味する。

その世界人類セックスの危機に立ち上がったのがアスプリージャだった。今回彼は在庫として持っている350万個のコンドームを提供することを明らかにしたのだ。

かつては圧倒的なスピードを備えていたアスプリージャ。現役を引退しても、支援に向かうスピードはとても早かったようだ。