マルセイユは新型コロナウイルスに感染していたパペ・ディウフ元会長が68歳で死去したと発表した。

2005~2009年まで会長を務めた同氏は、ヨーロッパのトップリーグにおいて黒人として初めて会長になった人物だった。中田浩二が所属した当時の会長でもある。

セネガル人の同氏は故郷ダカールで治療を受けていたが、現地火曜日に息を引き取ったとのこと。