先月、イングランド・プレミアリーグのレスター・シティが行った「ユーザー投票によるベストイレブン」企画が話題になった。

結果はシュマイケル(GK)、リカルド、モーガン、フート、フクス(DF)、マフレズ、カンテ、エンディディ、グッピー(MF)、ヴァーディ、ヘスキー(FW)だった。

しかし、セカンドストライカー部門でヘスキー(得票59%)に続いたのはあの岡崎慎司!31%の得票だったため惜しくもメンバー入りを逃したが…貢献度を高く評価された結果だった。

そして、レスターを離れたあと彼が今季加入したのがスペイン2部のウエスカ。一旦加入したマラガで契約が認められず、紆余曲折の末に移籍するという異常な展開だった。

しかし、突然の加入ということを感じさせないプレーを見せ、26試合で8ゴール。チーム得点王の成績を残してきた。その中からDAZNが選んだTOP5ゴールがこれだ。

岡崎のものなので派手ではないが、すべてがゴール前での点取り屋らしいプレー!

ラ・リーガとともに無期限の延期となってしまったスペイン2部。昇格争いに絡んでいたウエスカの扱いはどうなるだろうか…。