長くマンチェスター・ユナイテッドで指揮を取った伝説の監督アレックス・ファーガソン。多くのタイトルを獲得したものの2013年夏に勇退し、その後クラブは低迷を続けている。

このDAZNの動画でも、その偉大さが感じられる…。

そのファーガソンの下でプレーした元フランス代表DFパトリス・エヴラは『UTD Podcast』で以下のように話し、彼はロナウドとベイルの獲得に失敗した後に引退したと語ったそう。

パトリス・エヴラ

「ファーガソンが引退する2週間前、多くのメディアがそれを報じていた。

そして彼は『パトリス、私は引退しない。まだ10年は続けるだろう』と言っていたんだけどね。

『我々は99%クリスティアーノ・ロナウドとギャレス・ベイルを獲得できる。チャンピオンズリーグを再び勝つためにはこの2人が必要なのだ』と話していた。

それからクリスティアーノと話したが、彼も『ファーガソンに同意している』と話していた。ユナイテッドに復帰することにね。そう言っていた。

ただその二週間後、我々はドレッシングルームでファーガソンから聞くことになった。『本当に申し訳ない。妻が私を必要としているために引退する』と。

彼はロビン・ファン・ペルシーと香川真司に謝罪していた。自分がユナイテッドに呼んできた彼らには特にね」

引退の2週間前には続けることを明言していたものの、クリスティアーノ・ロナウドとギャレス・ベイルの獲得に失敗したあとで退任を宣言したとか…。

【関連記事】ユナイテッド救世主のB・フェルナンデス、最愛の選手は「あのJリーガー」

自分が連れてきたファンペルシーと香川真司に謝罪したというエピソードも、なんともファーガソンらしい。