かつてPSVアイントホーフェンやバルセロナ、インテル、レアル・マドリーなどで活躍したブラジル代表FWロナウド。

今なお多くの選手に「歴史上最高のストライカー」と評価される選手だが、イタリアで大きな怪我を2度負ってからは体重が増え、若い頃ほどの絶対的な速度は喪失。その中でも圧倒的な得点力でゴールを量産できたのは、まさに彼のセンスと技術あってこそであった。

ただ、2007年から所属したミランでは全盛期ほどの活躍することはできず、33歳にして母国ブラジルのコリンチャンスへと移籍することに…。

今回『Dugout』が公開したのが、そのコリンチャンス時代のゴール集。すでに引退間近のロナウドであるが、改めて見るとこれがすごい!

当然1位(2分34秒~)の切り返しからのループはとんでもないが、9位(12秒~)のミドルや7位(44秒~)の突破も素晴らしい。

【関連記事】この30年、バルセロナに所属したブラジル人「最高の5名と最悪の5名」

すでにこの段階で甲状腺に問題を抱えており、2011年の2月には体力の限界で引退していることを考えれば…そんな状態でこのプレーをしていたとは。まさに「怪物」である。