沖縄県初のJリーグクラブとして奮闘するFC琉球。

J2初年度となった2019シーズンは、開幕後に中川風希(→横浜F・マリノス)や鈴木孝司(→セレッソ大阪)ら主力を引き抜かれながら14位で残留を果たした。

樋口靖洋体制2年目となる2020シーズンは、持ち前の攻撃サッカーで上位進出を狙っている。

そんな彼らがJリーグへ加盟したのは2014年のこと。リーグが中断しているこの機会に、J参入以降のFC琉球の歴代ユニフォームを振り返ってみたい。

2014シーズン/mitre

FC琉球 ユニフォーム

チームスローガン『J3元年 誰も見たことのない未来へ 今までじゃない 今からだ』

FC琉球のホームキットは、クラブカラーであり沖縄を象徴する“ベンガラ”を基調としている。

記念すべきJリーグ参入1年目、2014シーズンのユニフォームは、クラブが創設された2003年のデザインに触発。当時のユニフォームは無地のTシャツに番号をプリントしただけの質素なものだったが、勝利に貪欲で、夢にあふれていた時代でもあった。

そこで、J3元年、『あの頃の野心をもう一度。熱く燃える闘争心。』をコンセプトに、無地のシンプルなデザインを採用。歴史の良いところは学び、DNAは継承しつつも、誰も見たことのない未来に向かってクラブ復興を目指すことが表現されている。

サプライヤーは現在と同じ株式会社イミオだが、当時はmitre(マイター)ブランドでの提供だった。

最終成績:J3 9位(8勝10分15敗)