新型コロナウイルスによる明治安田生命Jリーグの中断が続いている。

FC琉球は今シーズン、J2での2年目を迎えた。開幕戦はジェフユナイテッド千葉戦とアウェイで対戦。ユン・ジョンファン新監督率いるチームに0-1で敗れたものの、琉球らしいボールを持つ攻撃スタイルを展開した。

次のホーム開幕戦に期待を持たせる内容だったが、残念ながらリーグは中断。この日のインタビューはその直後に行ったものだ。

FC琉球の三上昴社長にその経緯や、筑波大学時代に衝撃を受けた“あの人”との出会い、小野伸二獲得やクラブの将来について聞いた。

FC琉球 三上昴社長

(取材日:2020年2月29日)

FC琉球の社長になって

――三上さんはプレーもされていました。芝生の感触はどうですか?

気持ちいいですね。練習を見に行くことがなかなかできなくて、実際に見るのはやっぱりいいです。

――開幕節を経て、本当にいろいろな動きがありました。中断に関してはどういう流れでクラブ側には伝わってきたのですか?

もともとJリーグはこの流れでスポーツを自粛するというのには乗らない方向でした。スポーツは心身ともに健全であって、健康を促進するというので、開幕戦はその流れで開催したんです。

ただやはり、政府や厚労省の見解があのように出てしまったからには自粛せざるを得ないというので、苦渋の決断でした。

極力、無観客試合にはならないように開催を延期したという形です。

――無観客はとにかく避ける、と。

やはりファン・サポーターあってのスポーツなので。

――クラブ側の対応としても相当苦慮された部分があると思います。

今まで予定していた興行とかが今後コロナの影響があってどうなっていくのか。開幕戦も千葉は12,000人予想が9,000人になってしまっているので、集客とかもかなり不安な要素が出てくるんじゃないですかね。