先日大きな話題になった元レアル・マドリーの元コロンビア代表FWエドウィン・コンゴが逮捕された事件。

彼は火曜日の午後に大規模な麻薬密売事件に関与した疑いで身柄を拘束されたものの、ギャングのリーダーとは1年ほど連絡をとっていなかったとして無罪を主張。警察は早期に彼を保釈する判断を下している。

この事件はコンゴ以外にもスペイン全土で17名もの関係者が逮捕されているということで、かなり大きな麻薬密売組織が絡んでいたとされている。

その事件が発覚したきっかけとなった大量のコカインはこんな感じで輸入されていたそう。

かなり複雑な化学プロセスを経て、フルーツを入れるためのダンボールにコカインを染み込ませてあるという。

これはすごい…よく発見できたものだと思わされる反面、ここまでやっても利益が出るというのもすごい。

【関連記事】薬物中毒を克服した選手たち

なお、警察はまだコンゴに対する疑いを持っており、薬物を送る側と受け取る側の間で仲介者として協力した…という可能性を考えているそう。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら