プレミアリーグのニューカッスルに所属している日本代表FWの武藤嘉紀。

2018年のマンチェスター・ユナイテッド戦で決めたプレミア初ゴールは今見ても胸熱…(動画17秒~)。移籍後は苦しんでいるが、復活に期待したい。

その武藤が、最近サッカー以外についての大胆な主張を強める本田圭佑(ボタフォゴ)に対し、真っ向から異論を唱える場面があった。それがこちら。

事の発端は「学校の宿題が嫌ならしなくていい」という本田の主張。しかしこれに対し、武藤は「非常に危険」と反発した。

さらに本田から反応があると「圭佑くんの的を得た極端な意見は好きですよ」と前置きしつつつ、「子供は物事の必要性だったり自己なんてのは、色んな事を経験しながら確立させていくもの」とし、「最初から嫌なものしなくていいという考えを植え付けるのは危険」と、真っ向から反対の意見を述べた。

日本のレジェンドとなった本田の主張に現役の代表選手がこうも正面から反発したことがこれまであっただろうか…。主張の是非は別として、なかなか勇気のいることだろう。

【関連記事】乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!

本田はこのやり取りの後、「ツイッターやり始めて3年経つけど、初めて反対される意見に感情的になったかも。全然あかんね。修業します。」と武藤からの反論に感情的になったことを明かし、「教育が好きなのと、日本が好きなんかなって。」とその理由について述べている。