欧州5大リーグで真っ先に再開されたブンデスリーガ。そのなかで異次元の得点量を見せつけているのが王者バイエルン・ミュンヘンだ。

30節終了時点で奪った総得点はリーグ新記録の90得点!直近のレヴァークーゼン戦でも4点を奪って、逆転勝ちしている。

その圧巻ゴールシーンがこれ(以下動画2分55秒~)。

キミッヒのロングフィード一発!動画2分~からのゴレツカのミドルも半端ない。

【関連記事】思わず絶句!ブンデスリーガ、90年代「ちょっと酷かったユニフォーム」10選

残り4節で2位ドルトムントと勝点差7ポイントの首位に立つバイエルンの8連覇はほぼ決まりと見られている。

そうしたなか、かつてレヴァークーゼンでプレーしたドイツ代表GKベルント・レーノの発言が話題になっている。現在はアーセナルに所属する守護神は『SWR Sport』のポッドキャスト配信でこう述べた。

ベルント・レーノ(アーセナルGK)

「バイエルンはもうすでにチャンピオンさ、いつも通りだよ。退屈だし、悲しい」

「エキサイティングなリーグ戦を望んでいるけれど、近い将来にそうなるとは思えないね。

あそこではバイエルンがあまりに強い」

バイエルンへの反感はないとしつつ、実質一強になっているリーグ戦はつまらないと吐露していたそう。