17日に行われたコッパ・イタリア決勝。ナポリとユヴェントスが対戦し、PK戦の末に前者が4-2で勝利を収めている。

この試合で輝きを見せたのは、ユヴェントスのゴールマウスを守った42歳のジャンルイージ・ブッフォンだ。見事なセーブを連発し、さらに終了間際のセットプレーではこの「神業2連続セーブ」(上動画3:10~)!

コーナーキックからのヘディングをなんとか止めると、すぐに起き上がってセーブ!かすかに右手でコースを変えた。

決定的なピンチをポストに逃れることに成功し、試合をなんとかPK戦に持ち込んでいる。

【関連記事】GKなのに「おもしろ背番号」だった守護神たちとその理由

42歳になったものの、来季も現役続行を決めたブッフォン。これでPK戦を制していたら、まさに伝説的な試合になったはずだが…。