中国の武漢から広がったとされる新型コロナウイルス。感染者が世界に広がるなか、アジア系への差別が問題になっている。

そうした中、ユヴェントスの元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンの言動が話題に。

42歳のGKは人格者として知られるが、アジア系男性に向けてコロナウイルスのジョークを飛ばしていたという。その瞬間の様子がこれ。

アジア系男性にサインをしていたブッフォン。『Gazzetta dello Sport』によれば、「コロナに注意して、ご覧よ!」、「くそ…君は武漢から来たの?」とスラング交じりのジョークを飛ばしていたという。

周りからは笑いが漏れていたが、ブッフォンにはさほど悪意はなさそうで、男性の頭?顔?を撫でたようにも見える。ただ、イタリアでは「なんて失言…このデリケートな時期に」とも伝えられている。