今季、PSGへ移籍した元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォン。

40歳になった守護神がテレビ番組『Canal Football Club』に出演した。

そこでは、現世界最強のGKたちについての話題も。3人しか挙げられないこと残念がりつつ、こう述べたという。

ジャンルイージ・ブッフォン

「私は政治家じゃないよ(笑)。

3人のことを言って、他の100人については忘れなきゃいけないね。

ノイアーは間違いない、それからオブラクとアリソンと言えるだろう。

非常に強いGKたちがいる時代だ。3人にしか言及できないのは残念だよ(笑)」

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク、そしてリヴァプールのブラジル代表GKアリソンの3人を挙げていたようだ。

ノイアー、オブラク、アリソン

その他では、ティボー・クルトワやケイロス・ナバスについても触れていたとも。