FAカップ準々決勝、アーセナルはシェフィールド・ユナイテッドを1-2で撃破した。

この一戦で話題になったのは、シェフィールドGKディーン・ヘンダーソンのとんでもないキック力。

『BT Sport』の試合後インタビューでアーセナルDFシュコドラン・ムスタフィが「あのGKに何を食べさせたのは分からないけど、彼はスタジアムの外まで蹴り飛ばしたね!」とジョークを飛ばしていたほど。

実際、パントキックがあわや得点になりかけ、アーセナルがひやりとする場面があった。そのとんでもないキック力シーンがこれ!

飛距離がすごい!もしゴールになっていれば伝説だったかも…。

【関連記事】ウイイレ2020「キック力最強」の10名は誰だ?

23歳のディーン・ヘンダーソンはマンチェスター・ユナイテッドが保有している新鋭GK。『Daily Mail』によれば、このシーンの直後にシェフィールドのクリス・ワイルダー監督は「もう一回トライしろ!」と叫んでいたとか。