現在親善試合を行うためにアメリカでキャンプを行っているブラジル代表チーム。

ハリケーン「ドリアン」が接近していることから月曜日の練習は屋内でのセッションとなり、NFLチームのマイアミ・ドルフィンズが使用している施設を借りていた。

映像を見ればわかるが、ピッチにはアメリカンフットボールで使われるゴールがそのまま置かれている。

そしてブラジル代表の「足技が凄い」と言われているGKエデルソン、なんと70ヤード(およそ65メートル)からのロングキックを決めていた!

NFLで記録された最も長い距離のゴールは、2013年にデンバー・ブロンコスのマット・プレイターが決めた64ヤード(およそ58メートル)のもの。それが下の映像だ。

つまりエデルソンはそれ以上の距離を決めたということに…とはいえもちろんボールが円形なので難易度は段違いだろうが。

といってももちろん64メートルのキックを決めるのもかなりの難易度。近年GKの攻撃能力が重要視される中、エデルソンの存在の貴重さがよく分かる動画だ。