8月12日、メキシコで非常に面白いチャリティーイベントが行われた。なんとサッカーチームと野球チームがソフトボールで対決するというものだ。

対戦したのはサントス・ラグーナ(サッカー)とウニオン・ラグーナ(野球)。「Champions for Life」と題された試合には多くのファンが詰めかけた。

「Gift of Life」という先天性疾患を持つ子どもたちの手術費用を支援するためのロータリークラブが企画し、両クラブに声をかけて実現したという。

そして、その試合の模様がこちら。

試合の途中にはサントス・ラグーナのエリック・カスティージョとウニオン・ラグーナのホルヘ・セルマによるスピード対決もあり(一番上の動画11:35~)、様々なイベントがあった様子。

ちなみに結果は(いろいろ忖度があった上で)12対11というスコアになり、サントス・ラグーナが勝利を収めたという。

日本もメキシコと同じくサッカーと野球が盛んな国であるだけに、ちょっとJリーグとプロ野球でも企画してくれないだろうか?