現在トルコのカズムパシャでプレーしている元ポルトガル代表FWリカルド・クアレズマ。

かつてはバルセロナやチェルシーにも所属した彼はアウトサイドキックやラボーナを特異としていることで有名だ。

そんな彼がInstagramで見せたのが、なんとコーナーフラッグ付近からのラボーナシュート。ぐいっと曲げてゴールに決めるというものだが、なんと裸足で(18秒~)!

わずか2本で成功!さすがのクアレズマも大喜び…どれだけ凄いことだかわかる。

【関連記事】ポルトガル人「16歳のNEXTルカク」別格のシュートがこれ

クリスティアーノ・ロナウドらと共に代表でプレーしていたクアレスマも、今年37歳になる。契約は今季で満了となるが、次はどこへ行くのだろうか…。