遂に再開されたJ1。ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタはサンフレッチェ広島戦にフル出場した。

5月で36歳になったが、この日も違いを見せるプレーを披露。ひとりだけ質が違うボールタッチがこれだ(以下動画4分8秒~)。

味方を上手く使いつつ、随所で見せるタッチはさすが。イニエスタは左から切れ込んでボックス外から強烈なシュートを放つシーンもあった(動画4分45秒~)。

【関連記事】「バルセロナを離れた生え抜き選手」ベストイレブン

ただ、チームは0-3で敗戦。クラブ公式によれば、イニエスタは「0-3という結果なので、言えることは多くないです。試合を分析すると、我々はいい流れで試合できたと思います。相手の1点目、2点目は特定のプレーでした。チームにはダメージが大きかったです。チャンスをモノにできなかったのが痛かったです。私たちが求めていたスタートではありませんでした」と述べていたそう。