マルティン・ウーデゴールやアーリン・ホーランを生んできたノルウェー、アレクサンドル・イサクを輩出したスウェーデン。

北欧諸国からはこのところ豊かな才能が出てきている。そして今回注目されているのはデンマークだ。ホーセンスでデビューした16歳のイェッペ・ケアーである。

なんと彼はここまで6試合、178分しかプレーしていないにもかかわらず、もう3アシストを決めている。しかもそのプレーがキレッキレなのだ!

相手を外すドリブルは大胆、さらにスゴイところにパスを通してくる…視野もかなり広いぞ。

左利きという事もあり、「NEXTウーデゴール」という声もあるケアー。今季デンマークリーグ最年少出場記録を塗り替え、すぐに結果を残した。

【関連記事】「2020年代にサッカー界を支配する」ヤングスター10名

なんとなくホーセンスのユニフォームからもドルトムントが獲得しそうな雰囲気がプンプンするが…。