先日閉幕した2019-20シーズンのプレミアリーグでブレイクしたひとりといえば、ウォルヴァーハンプトンのアダマ・トラオレだろう。

バルセロナ育ちの彼は驚異の肉体改造が話題になった選手でもある。サッカー選手とは思えない異次元の筋肉を身に纏っており、アメフトにスカウトされたほど。

そんなトラオレは昨年末に肩を脱臼した後、腕にベビーオイルを塗布するようになったとか。相手から腕を掴まれて強引に止められ、古傷を痛めるのを防ぐための策だとされている。

そうしたなか、ウルヴスはトラオレの腕をヌルヌルする公式画像をポストした。彼のムキムキ突破ドリブル動画とともに見てみよう。

確かに腕だけがテカテカに光っている。

【関連記事】驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

なお、ウルヴスはUEFAヨーロッパリーグでオリンピアコスを撃破して準々決勝に進出。セビージャとのクオーターファイナルは8月12日に行われる。