新型コロナウイルスによる中断を経て、2019-20シーズンを閉幕させたプレミアリーグ。

『Daily Mail』によれば、プレミアリーグは中国での放映権を持つ企業と法廷闘争になっているという。

中国での放映権を保有する蘇寧ホールディングスは3月に支払う予定だった1.6億ポンド(221億円)を保留。これに対して、プレミアリーグ側も契約期間を3年延長して2022-2025シーズンまで伸ばすというオファーを拒絶する報復措置に出たという。

ただ、プレミアリーグにとって中国は英国以外で最も高額な放映権を支払っている大口顧客。その額は2019-2022シーズンで5.64億ポンド(781億円)。プレミアリーグ側は今後3年間のさらなる増額を見込んでいたとか。

プレミアリーグは支払いを怠った蘇寧ホールディングスの契約違反を主張している。そうなったのは新型コロナによる中断が原因と考えられているが、政治的側面も含まれているとか。

英国のボリス・ジョンソン首相が中国の内政干渉を非難するなど両国間の緊張感は高まっており、プレミアリーグがそれに巻き込まれる危険性もあるとのこと。

中国政府はオリンピック予選を除く年内のスポーツイベントを中止しており、プレミアリーグのクラブも予定していた中国へのサマーツアーを中止している。

プレミアリーグのクラブは先週の総会でこの件について話し合い、即時の支払い要求、支払い期限の修正交渉、契約解消など様々なオプションを検討したそう。

数年前には中国の習近平国家主席がマンチェスター・シティを訪問するこんな出来事もあったのだが。

習近平氏はセルヒオ・アグエロ、デイヴィッド・キャメロン氏と仲良く3ショット…。

【関連記事】フッキだけじゃない!「今年で中国を去りうる5人の大物スター」

中国からの支払い遅延が続けば、プレミアリーグクラブの財政にも影響しかねないという。