今季エルネスト・バルベルデ氏の解任に従ってバルセロナの新監督に就任したキケ・セティエン氏。

ベティスを率いて攻撃的なサッカーを繰り広げた指揮官は、新たにカンプ・ノウでスター軍団をまとめることになったが、リーガではレアル・マドリーの逆転優勝を許すことに…。

しかし8日にはチャンピオンズリーグのベスト16でナポリを撃破し、準々決勝へと進出することに成功している。

ライバルのレアル・マドリーが敗退する一方、バルセロナは果たして欧州王者に輝くことができるのか?

そんな疑問を叩きつけたのが、キケ・セティエン監督の息子だ。彼は「バルセロナは優勝できるのか?」とこんなふうに聞いていたという。

相手は無言…。馬と牛なのだから当たり前だが。

【関連記事】リーガで「今季最高の若手選手」ベスト12

バルセロナはこのあと14日にUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のバイエルン・ミュンヘン戦を控えている。優勝を狙える強豪相手に、どのようなサッカーを見せるのか…。