UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルン・ミュンヘン相手に歴史的大惨敗を喫したバルセロナ。

2-8で大敗した一戦ではバイエルンにレンタル放出したフィリペ・コウチーニョに2ゴールを叩き込まれる屈辱も味わった。

ダメ押しのダメ押しとなる8点目を奪われた後にはバルサベンチのこんな怒り爆発シーンも話題に。

若手DFロナルド・アラウホら若手選手が思わずベンチを蹴りつける…。

【関連記事】プレミアリーグ「この10年で最悪の補強」ワースト10

試合後、バルサのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「すでにいくつかの決断は下されている。この結果を受けて、他の決定は下されるだろう。来週から取り組む。今は反射的な決断をすべき時ではない」と述べていた。