現在ニューカッスルでプレーしている長身FWアンディ・キャロル。先日の練習試合では胸→頭→右足→左足と触ってゴールを決めるというとんでもないシュートを見せていた。

これはスゴいファンタジーだ…。

そんなキャロルであるが、『Chronicle Live』によればなかなかファンタジーなトラブルを起こしていたようだ。

記事によれば、キャロルはニューカッスルにある「Cal's Own」というピザレストランの駐車場に無断で愛車のメルセデスを置き、さらになぜか2台分のスペースを使っていたという。

それに業を煮やしたレストランの所有者カルヴィン・チキン氏は、キャロルの車にこんなメモを貼り付けたとのこと。

「ストリートにはこのような大きな車でも十分駐車できるスペースがある時、レストランに駐車してもいいか?と聞くのが文明人ではないか。

しかも2台分のスペースを使っている。もし障害を持っているお客様が来た場合、どうなると思っているのか。

クソほど金持ちのあなたへ。素晴らしい車がここにあるね。私はこれを貸し出そう。年間4万2000ポンド(およそ600万円)ほどで。

もしレストランに駐車していいかと尋ねてきたら、我々のスタッフはおそらく『構いませんよ』と答えただろう。

しかし尋ねもしないのなら、あなたはクソ野郎だ。

お金や礼儀の意味を理解していない。労働者階級とは別の星に住んでいるようだね。好きな時に好きなことをする」

オーナーはこの車がキャロルのものだと知らなかったというが、キャロル自身がSNSに笑顔の絵文字とともに掲載して「オレはここのピザが好きじゃなかったんだ」とコメントを付けたことから発覚したという…(すでに削除されているようだ)。

【関連記事】これがリヴァプールの歴史!「トーレス以降のFW」完全ランキング

ちなみにこのピザ屋はこれまでもレビューサイトの悪口に批判をし返したりといろいろと荒ぶってきた店で、スタッフにはどうも一癖あるのだそうだが、あのラファエル・ベニテス監督も通うなど味はなかなか評価されているとか。