日本サッカー協会(JFA)は16日、10月のインターナショナルマッチウィークに日本代表の親善試合2試合を開催することを発表した。

10月9日(金)にカメルーン、10月13日(火)にコートジボワールと、オランダのユトレヒトで対戦。新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、いずれの試合も無観客試合(リモートマッチ)での運営になるという。

南野拓実と原口元気のゴールで勝利した昨年11月のキルギスタン戦。はるか昔のようだ…。

新型コロナの影響により、今年初めての活動となる日本代表。ワールドカップの舞台でも対戦したことのあるアフリカの両雄相手に、おそらく欧州組中心となるチームがどんな戦いを見せてくれるか楽しみだ。

以下は日本代表の森保一監督のコメント。

「新型コロナウイルス禍の状況下で試合開催のためにご尽力いただいた皆さんに感謝します。新型コロナウイルスの感染はまだまだ予断を許さない状況にあり、皆さんの生活もまだ制限をされている中、SAMURAI BLUEが試合をさせてもらえることに大きな意義を感じています。それは感染防止のため、制限された生活を受け止め、行動されている皆さんに私達の試合を通して元気や明日への活力を届けることだと考えています。カメルーン代表、コートジボワール代表どちらの試合も厳しい試合になると思いますが、皆さんに試合を観ていただき、『明日からまた頑張ろう』と思っていただける試合をオランダから届けたいと思います」

【関連記事】引退の内田篤人、激闘の「日本代表ユニフォーム姿」を振り返る

なお、2試合のキックオフ時間およびテレビ放送については調整中とのこと。