メキシコ1部リーグのティフアナは、新型コロナウイルスの検査によって、選手14人・スタッフ16人の感染が明らかになったと発表した。

30人はすでに隔離されているというが、数名は症状があるという。

これを受けたリーガMXは、21日に予定されていた第11節ティフアナ対フアレス戦を30日に延期すると発表。また、12・13節の日程も調整されている。

2007年に創設された新興チームであるティフアナ。選手は赤のスパイクを履かなくてはいけないというルールがある。これはオーナーの意向によるもの(赤がチームカラー)。

また、チームにはこんなチアガール「XoloGirls」も存在する。

美女に挟まれているのは、リアルなマスコットのXoloMayorだ。

【関連記事】サッカー界の「謎の禁止命令」10選

なお、ティフアナと先週試合をしたクルス・アスルについては言及されていない。