プレミアリーグ第2節、チェルシーは王者リヴァプール相手に0-2で敗れた。

前半に退場者を出すと後半に連続失点。先制された直後に喫した2失点目はGKケパ・アリサバラガのこんなミスによるものだった(動画3分58秒~)。

相手FWサディオ・マネにプレゼントパス…。

これまでもつたないミスがあったケパがまたやってしまった形だ。

【関連記事】世界的GKなのに「背番号1」を着けたことがない7人の守護神

『BBC』によれば、フランク・ランパード監督は「大きなミスだ。監督としての私の仕事はケパに自信を与えようとすること。明らかなミスだったが、ケパはそれを受け入れた」と述べたという。

一方、マネは「彼がボールを持った時、他のプレーオプションを持つのが難しいのは分かっていた。不運にも彼はミスをして、僕は2点目となるゴールを得た」と語ったそう。