このほどリヴァプールへ移籍したスペイン代表MFティアゴ・アルカンタラ。

7年プレーしたバイエルン・ミュンヘンでは235試合に出場するなど主力として大きな貢献を果たした。

『Sky』によれば、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ氏がこんな話を明かしたそう。

カール=ハインツ・ルンメニゲ(バイエルン チェアマン)

「移籍は木曜日に行われた。10分後に駐車場に行くと、私がいつも停めているところで彼が待っていた。

彼は私に近づき、ハグをすると、5分ほど泣いた。『(移籍を)許してくれてありがとう』と言っていたよ。

(CL決勝が行われた)リスボンで彼が見せたくれたクオリティはものすごく嬉しかった。

彼が我々のもとを去るのは大きな損失だ、クオリティ的にも人間的にもね。

それでも、我々は彼が新たにやりたいことを尊重した。彼は常に礼儀正しかったね。

素晴らしいやり方で全ての従業員にお別れを言ったのさ。私も泣いたよ。

彼とは非常に親密な関係だった、ほとんど家族のようなものだった」

そんなティアゴがバイエルンでやった伝説ゴールといえばこれ(以下動画1分32秒~)。

キャプテン翼みたいなマジカルシュート!

【関連記事】「愛されながらも、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

なお、ティアゴはチェルシー戦に出場し、リヴァプールデビューを果たしている。