9月15日から試合が再開されたAFCチャンピオンズリーグの西地区。今週はミッドウィークにグループステージ第6節の試合が予定されていた。

しかしそこで大きな問題を抱えてしまったのが、ACL前回王者でサウジアラビアリーグの王者でもあるアル・ヒラル。

新型コロナウイルスがチーム内で流行してしまったため、実に15名に及ぶ選手が離脱しており、第6節のアル・アハリ(UAE)戦に向けて11名(しかもフィールドプレイヤーが8名、GKが3名)しか登録できず。

当初はサルマン・アル・ファラージとハンマード・アル・アブダーンが間に合うと言われていたが、この二人も結局プレーが不可能になっていた。

クラブはこの状況を見てAFCに試合の延期を要請したものの認められず、結果としてこのようなメンバーを送らなければならなくなっていた。

幸いにしてアル・ヒラルはすでに決勝トーナメント進出を決めていたため、結果には大きな影響を及ぼさない…はずだったが、AFCはその後このような発表を行っている。

「必要な13名の選手を登録できなかったアル・ヒラルは、大会から撤退したと見なされる」として、これまでの結果全てを没収することを決めたのだ。ここまで5試合を戦って3勝2分となっていたが、これによってグループステージでの敗退が決定している。

21日に行われたシャール・ホドロ戦でも多くの選手が離脱するなかで勝点1を獲得する奮闘ぶりを見せたアル・ヒラル。

このときも16名しか選手を登録することができず、かなり難しい状況で試合に臨まざるを得なくなっていた。

【関連記事】日本の「天才少年」も!レアル・マドリーの下部組織でプレーしたアジア人5名

グループAではアル・ワフダ(UAE)が複数名の感染者を出したためにカタールへ入国できず大会から追放されており、公平性を担保することを考えれば仕方のないことかもしれないが…。